消去法の落とし穴

こんばんは。

大阪・神戸・京都の国語専門家庭教師住吉那巳枝です。

選択肢問題を効率よく解くために、消去法を使うことがあります。この方法は間違いではありませんし絶対にしてはいけないわけでもありません。テストで効率よく処理するときに役立つこともあります。でも、この方法には大きな落とし穴があることも知っていただきたいと思います。

読解力がついていないのに常に消去法で問題を解いていると、ある時点からことごとくひっかけの選択肢にひっかかりまくり点が取れなくなるのです。選択肢は学校のレベルが上がるほど難解になっていきます。本文の内容を巧みに言い換えて作ります。抽象度を上げて作ることもあります。すると、言い換えの表現を正確に押さえることができない生徒・抽象化することが苦手な生徒は、「言い換えの言葉or抽象化された表現=本文にない」と判断して間違えるのです。正答の選択肢の内容が文章のどこに書かれているのかを理解することなく、消去法のみで問題を解いていると、だいたい小5の後半または小6になってから選択問題で点が取れなくなるという事態に陥ります。そしてそれを放置していると、記述問題もまずできなくなり、見当違いな解答を書くようになります。

選択問題の基本は選択肢のどの部分が本文と合っているのか、どの部分が間違っているのかをきちんと精査することです。消去法で解いたなら、必ずその残った選択肢の内容が本文のどこと一致しているのかを確認しましょう。

国語の勉強を通して身につける力は単にテストで点を取る力ではありません。それよりも大切なのは、書かれている内容を正確に理解する力です。この力がなければ、どの教科の力もある一定のところで止まってしまいます。読解力がない、会話をしていて「てにをは」がおかしい、主語が抜ける、要領を得ない話をする。こうした傾向があるなら、消去法で解くことをいったんやめましょう。そうではなく、選択肢と文章を比べ、どこが本文と合っているのか、どこが違うのかを明確にするようにしましょう。これをしていくと、言い換え表現がわかっていない、抽象化・具体化ができていないなどの問題点が見えてきます。言い換え表現がわかっていないなら、言い換え表現を意識して読む練習や語彙力の強化をしなければいけない、抽象化ができていないなら要するにどういうことかをまとめる練習を行わなければいけない、といったことが見えてきます。選択問題で点が取れなくなってきたと感じることがあるなら、このように考えることを習慣化してみてください。