指導の方法

指導のコンセプト(どのような力を身につけさせるか)

「物事を論理的に考え、考えたことを論理的に伝える力」を身につけさせ、
中学受験で合格点を取ることができるようにすることが、ことのは社の指導の目的です。

指導の実際(どのように力を身につけさせるか)

国語ができない子のほとんどが、語句の意味を正しく理解しておらず、また、知っている語句の数も十分ではありません。さらに、文や文章のつくりを理解していません。そのため、与えられた文章の構造が把握できず、文章を正確に理解することができません。このような状態では、どれほど文章を読んでも国語の力を伸ばすことはできません。

ことのは社の指導では、文の構造を理解することに重点を置きます。基本的な文を用いて主語・述語・修飾語の見分け方を教え、文の構造の枠組みを理解させます。この段階で、多くの生徒さんが読解に対する抵抗感をなくします。その後は、生徒さんひとりひとりの力と目的に応じて、文法力、漢字力、語彙力を充実させながら、読解力、作文力を身につくようにしていきます。

また、文の構造理解とともに選択問題・書き抜き問題の得点率向上を目指します。問われていること、着目すべき部分、解答の根拠などについて、口頭でまずしっかりと確認していきます。次に、記述問題の得点率向上を目指していきます。

イメージ